月別アーカイブ: 2015年8月

ネット銀行の口座数、住宅ローンも背景に6銀行で1300万口座に拡大

ネット銀行の口座数が拡大しています。主要ネット銀行6行(ジャパンネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行、大和ネクスト銀行)の口座数はアメリカの調査会社セレントによる2014年末で1268万口座(前年比10.2%増)と大きく拡大しています。

続きを読む

SBIカードは住信SBIネット銀行の傘下に。連携サービスの強化に期待。

SBIカードがこのたび、住信SBIネット銀行の傘下に入ることになりました。SBIカードはクレジットカードとしてはあまり規模は大きくないものの、ネット銀行の中でも大手グループの住信SBIネット銀行の傘下となることで、クレジット機能付きキャッシュカードなどの発行を通じて大きく伸びるかもしれませんね。

続きを読む

住信SBIネット銀行が2016年にもブランドデビットカード参入へ

住信SBIネット銀行は2015年7月に、Visaデビットカードの導入を2016年1月に予定しているそうです。従来型のクレジットカードのようなタイプではなく、「Visa payWave(Visaペイウェーブ)」と呼ばれる非接触型のデビットカードになるようです。

国内外で利用できるようで、円・米ドルの両方の決済に対応しているとういことです。
住信SBIネット銀行は国内銀行でも米ドルの為替手数料が安いので米ドル決済の時に米ドル口座から決済できるみたいな感じになると大変便利ですがどうなんでしょうか?そうなってくれるといいなぁ。

ちなみに、ブランドデビットとは、クレジットカードブランド(VisaやJCBなど)と提携したデビットカードで、従来のJデビットと異なり、それぞれのクレジットカードが使えるお店でデビットカードとして使えるという利点があります。

ブランドデビットやデビットカードについて詳しくは「デビットカードの選び方~便利でお得なデビットカードを活用しよう~」が参考になります。

ジャパンネット銀行がファミマと提携。ファミマTカードがキャッシュカードに

2015年8月4日の日経新聞で報道されました。ジャパンネット銀行がファミリーマートはすでに業務提携していますが、今後はジャパンネット銀行のキャッシュカード(+Visaデビットカード機能)が付与されたファミマTカード(キャッシュカード機能付き)を提供するようです。

Tポイントとの連携も出てきそうです。ジャパンネット銀行はYahooなどとも親密ですし、完全にTポイント陣営に入っている感じがありますね。ファミリーマートのコンビニATMなら手数料完全無料とかにしてくれると嬉しいです。