カテゴリー別アーカイブ: 金融商品

ソニー銀行と住信SBIネット銀行のデビットカードが海外旅行利用者におすすめ。両者を比較

ソニー銀行や住信SBIネット銀行が発行しているデビットカードが、海外旅行をよく利用する人にかなりお勧めの内容になっています。

ソニーバンクWALLET(Visaデビットカード)
住信SBIネット銀行VISAデビット付キャッシュカード

具体的な仕様として、銀行に預金している外貨預金をそのまま、海外でのお買い物で直接利用できるという点が挙げられます。決済システム自体はデビットカードの機能を利用したものになっているので、クレジットカードと同じように利用できます。

続きを読む

ネット銀行がカードローン分野でも競争過熱。カードローンなのに1%台?

カードローンというのは、一昔前で言えばサラ金、消費者金融、キャッシングと呼ばれたものと同じような「無担保ローン」です。つまり、貸し手は相手から担保を取らずにお金を貸すというもの。こうした無担保ローンによる貸出は概ね10%程度の金利になることが多かったのですが、近年では銀行が中心として顧客の奪い合いを続けており、ついには無担保なのに1%台という超低金利で融資をするローンも増えています。

続きを読む

ネット銀行の口座数、住宅ローンも背景に6銀行で1300万口座に拡大

ネット銀行の口座数が拡大しています。主要ネット銀行6行(ジャパンネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行、大和ネクスト銀行)の口座数はアメリカの調査会社セレントによる2014年末で1268万口座(前年比10.2%増)と大きく拡大しています。

続きを読む

ネット銀行が法人向けサービスを加速

ネットバンクというと、個人向けという印象が強いですが、法人向け(ビジネス向け)のサービスも強化しているということです。

セブン銀行の「夜間金庫サービス」

夜間金庫というと、銀行に預けるものと思いますが、セブン銀行では「入金専用のクレジットカード」を作成することができ、店の売上金などをセブン銀行ATM(コンビニATM)を使って入金できるサービスを開始しています。夜間金庫は合理化の影響で数が減ってきていますが、一定のニーズがあるサービスです。

法人専用口座と手数料

また、手数料で攻勢をかける動きも出てきています。ジャパンネット銀行や住信SBIネット銀行などは口座開設やオンライバンキング利用手数料を無料にするほか、振込手数料も格安とすることで、法人による利用を促進しています。詳しくは「法人口座・ビジネス口座でネットバンクを比較」などもご参照ください。

法人口座とネット銀行

ネット銀行はどうしても従来の銀行と比べると人的つながりが無いうえ、与信(融資)についてはノウハウも少ないため難しい一面がありました。
そのため、あえて弱い分野は既存銀行のままとして置き、強みがある部分を活かしていく形なのでしょう。

一方で、イオン銀行などは融資も手掛けるということですが、モールと関係が微妙に影響しそうです。

米国で流行のネット家計簿が日本でも流行し始める

アメリカではすでにインターネットを活用した家計管理サービスを利用する人が多いそうです。一方の日本でもそうした動きが広まっています。銀行や証券会社の口座情報の一元管理、クレジットカードの利用履歴から家計簿の自動作成などが可能なネット家計管理サービス。最近ではスマホ対応なども受けて好調です。

続きを読む

楽天銀行が外貨預金に人民元を追加

楽天銀行が外貨預金の取り扱い商品ラインナップに人民元(中国)を追加するということです。ちなみに、人民元取り扱いを記念して、キャンペーン期間中は人民元の為替手数料を片道1銭(通常20銭)に割引してくれるそうです。キャンペーン期間:2013年7月30日(火)~2013年8月19日(月)

続きを読む

2013年夏の定期預金キャンペーンがそろそろ終了へ

各銀行が実施している夏の定期預金キャンペーンが終了しそうな感じになっています。新生銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行などの定期預金キャンペーンは今月末で終了とな取る模様です。まだ、申込が末までというケースが多いので、これから口座開設を申し込んでも間に合いはしないでしょうが、口座を持っていて検討している方はお早めに。

続きを読む

ネットバンクのカードローン好調。銀行全体の約1割に

ネットバンクが実施するカードローンの残高が増加しているということです。楽天銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行、ソニー銀行などでは、国内銀行によるカードローンの約1割に迫る勢いとなっているということです。消費者金融が総量規制(詳しくはこちら)で大きく制限されている中の躍進といえます。

続きを読む

2013年7月の住宅ローン金利はまちまちとなる予定

長期金利市場が方向感のない動きをしている中、7月の住宅ローン金利についての動きがまとまってきた模様です。ローン金利はネットバンク系の住宅ローン金利は下げ、都銀系の住宅ローン金利は上昇するという方向感のようです。

続きを読む

地銀などを中心に「相続定期預金」

地方銀行などを中心に「相続定期預金」なる金融商品の取り扱いが増えているということです。ざっと検索したところ、「スルガ銀行」「大垣共立銀行」「関西アーバン銀行」などで取り扱いがあるようです。相続として受け取った資金のみ利用できる定期預金で、従来の定期預金に上乗せ金利を付与するということ。

続きを読む