銀行のインターネット支店って何?他の支店と違うの?

最近、都市銀行や地方銀行などが「インターネット支店(ネット支店)」という名前の口座開設を募集しているところを見かけます。こうした「インターネット支店」というのは、それぞれの銀行の「○○(地名など)支店」とは違うのでしょうか?今回はこの「インターネット支店」がどのような支店なのかを詳しく見ていきます。

インターネット支店と他の支店は全くの別物

まず、結論から言うと、○○銀行におけるインターネット支店とその他の支店は全くの別物となります。
サービス内容から手数料、金利まで全く別々になっているので、他の銀行といえるほどサービスに違いがあります。

インターネット支店は、預金者に対して実店舗にサービスを原則として行わずに、ATMやオンラインバンキングなどに特化した形で取引をしてもらう支店を指します。
そのため、通帳を発行しないなど預金者にとってはサービス上不便を強いているケースもあります。

その代りに、同じ銀行の普通の支店に口座を開いている場合と比較して

・通常よりも高い金利の預金、定期預金を利用できる
・ATM手数料や振込手数料などの手数料が通常よりも割安な手数料で利用できる

などのメリットがあります。

こうしたインターネット支店の場合は、ほとんどが「ネットバンク(ネット専業銀行)」とほぼ同様のサービスを提供できるようになっております。

 

インターネット支店のデメリット

一方で、インターネット支店の場合、同じ銀行であっても取引が一部制限されることがあるというのが不便といえるかもしれません。ネット支店口座開設者の場合、窓口での取引ができないようになっているなどが挙げられます。

もっとも、ネットバンクと同様に支店サービスはそもそも使うつもりはないというのであれば特に問題はないと思うのですが、それを知らずにインターネット支店の方が金利が高い(手数料が安い)から有利と思って口座を作ってしまうと後々面倒になる場合があります。

関連記事

銀行のインターネット支店って何?他の支店と違うの?を読まれた方は以下の記事も読んでいます。