ネットバンクのメリット

ネットバンク(オンラインバンキング)のメリットにはどんなことが挙げられるのでしょうか。今回はネットバンクを利用する上で得られる様々なメリットについて紹介していきたいと思います。

オンラインバンキングを使う上でのメリット

オンラインバンキング利用におけるメリットには可き様な点が挙げられます。
・残高照会などがATMに行かなくてもネット上で簡単にできる
・振込手数料などの手数料がATMや窓口と比較して安い
・【ネットバンク限定】預金金利が高い

 

 残高照会などがATMに行かなくてもネット上で簡単にできる

残高照会がパソコンやスマートフォン(携帯電話)などで簡単にできるというのは大きなメリットです。いつでも好きな時にほぼ24時間、残高照会、入金・出金明細の確認などができるのでとても助かります。
引き落としの予定があるけど残高不足じゃないかな?予定通りの入金がされているかな?などの確認がいつでもできます。

オンラインバンキングが利用できないと、こうした確認のためのわざわざ銀行のATMに出向く必要がありますので大変ですよね。

 

振込手数料などの手数料がATMや窓口と比較して安い

銀行における各種取引手数料が安いというのもオンライバンキングのメリットといえます。都市銀行や地方銀行を含むほとんどの銀行ではオンラインバンキングにおける振込手数料は店頭窓口利用時やATM利用時よりも安く設定されている場合が多いので、手数料の節約にもなります。

ネットバンク(ネット専業銀行)の場合はそもそもATMや窓口を使っての振込はできませんが、振込手数料は店舗がある普通の銀行よりもかなり割安に設定されていることが多いです。
参考:最新版ネットバンク振込手数料比較

 

【ネットバンク限定】預金金利が高い

都市銀行や地方銀行などの普通の銀行の場合、窓口で申し込みをしてもATMでしても、オンラインバンキングでしても定期預金の金利は同じであることがほとんどです。

しかしながら、ネットバンク(ネット専業銀行)の場合は預金金利(定期預金金利)が他の銀行と比較してかなり高めになっているケースが多く定期預金として資産を運用するのであればかなりの高金利メリットを享受することができます。
参考:ネットバンク金利ランキング

関連記事

ネットバンクのメリットを読まれた方は以下の記事も読んでいます。