法人・事業用でもネットバンクに口座は作れる?

最近では、インターネットを活用した通販サービスやオンラインサービスなど、インターネットを活用したビジネスを展開する方も増えているようです。そうした中で資金のやり取りなどにネットバンクを活用する事業所も増えています。今回は法人・事業用・ビジネス利用におけるネットバンク口座についてみていきたいと思います。

まず、ネットバンクにおける法人口座・ビジネス口座ですが、各銀行によって扱いが異なるようです。

法人口座の開設が可能
ジャパンネット銀行(個人事業でも屋号で口座開設が可能)
住信SBIネット銀
楽天銀行

法人口座の開設が不可能
大和ネクスト銀行(一部条件を満たせば可能)
ソニー銀行
じぶん銀行

個人事業におすすめのネットバンク

個人事業主におすすめのネットバンクは「ジャパンネット銀行」です。同社はネットバンクの中でも唯一「個人事業主の屋号による口座開設が可能な銀行です。
個人事業の場合、通常は通帳を作るときあくまでも「個人名義」で使うことが多いのですが、ジャパンネット銀行では「屋号(商号)」で会社が作れます。
(屋号は個人事業主などが仕事で使う商号・事業名称のことです)

個人事業主として口座を開設する場合は屋号(商号)によるホームページなどが必要になる場合があるそうです。

 

法人の場合住信SBIネット銀行や楽天銀行もおすすめ

個人事業ではない法人(株式会社など)の場合は、振込手数料などがお得な住信SBIネット銀行などがおすすめ、ネットショップなどの開業も検討しているなら「楽天銀行」も利用者数が多いのでおすすめとなります。

なお、楽天銀行の場合、口座開設には他の法人名義の銀行口座を登録する必要があります。
住信SBIネット銀行は登記簿謄本と印鑑証明で口座開設が可能です。

関連記事

法人・事業用でもネットバンクに口座は作れる?を読まれた方は以下の記事も読んでいます。