ネットバンクはどこでお金をおろすの?入金するの?

ネットバンクは支店や自社ATMを持ちません。じゃあどこでお金をおろしたり、入金したりすればいいのでしょうか?これには大きく二通りの方法があります。「コンビニATMや提携ATMから入出金する」という方法と「他の銀行から振込したり銀行に振り込みをする」という方法です。詳しく見ていきましょう。

コンビニATMで不便さは感じない

まず、基本的にネットバンクでも「キャッシュカード」は発行します(通帳は発行されません)。そのキャッシュカードを使ってコンビニATMやゆうちょ銀行などの提携銀行のATMを使って入出金が可能です。ですから、普通の銀行と比較してお金をおろしたり、入金したりするのが大変ということは一切ありません。

逆に、コンビニATMは今やどの銀行のATMよりもATM数が多くなっています。また、多くのネットバンクは複数のコンビニATMやゆうちょ銀行などで「手数料無料」で利用できることが多いので、コンビニATMでは手数料がかかる都市銀行や地方銀行よりもむしろATMの使い勝手はよかったりします。

たとえば、
住信SBIネット銀行(セブン銀行、イーネット、ローソン、ゆうちょ銀行が無料)
ソニー銀行(セブン銀行、イーネット、ローソク、@バンクが無料)
などとなっております。このように、コンビニATMなどが非常に便利に使えるので、ネットバンクだからといって使い勝手が悪いなんてことは全然ありません。むしろ私の場合もコンビニATMを普通に普段のお金の入出金に使っております。
(参考:コンビニATMの利用可能状況でネットバンク比較

 

他の銀行から振込したり銀行に振り込みをする

最近、一部の銀行で増えているのが「他の銀行から振込したり銀行に振り込みをする」という方法です。
代表的なのは「大和ネクスト銀行」などが該当するタイプです。
大和ネクスト銀行などはこうやってキャッシュカードの発行コストも抑えることによってさらに高金利の定期預金を提供するといった理念もあるようです。

こういった銀行は普段使いにはあまり適していませんが、大和ネクスト銀行の場合は振込手数料は自分名義の口座あてなら回数制限なしで無料なので、お金のやりとりは他の銀行へ振込という方法をとれば特に問題なく利用可能です。

なお、振込手数料が無料のネットバンクは下記のようになっています。もちろん、自分に振込以外にも、家賃の振込や家族への送金なども無料でできるので、振込手数料の無料回数を活用しましょう。
大和ネクスト銀行(自分名義なら回数制限なし、他人名義なら月3回まで)
住信SBIネット銀行(他行振込月3回まで無料)
楽天銀行(条件を満たせば月3回~5回まで無料)
(参考:2012年振込手数料が無料の銀行まとめ

 

いかがでしょうか?ネットバンクはお金を預けたり下ろしたりするのは特に難しくなく、むしろ普通の銀行とほとんど変わらないか、むしろ強みがあるということが分かっていただけるのではないでしょうか。
ぜひ、ネットバンクをご活用下さい。

関連記事

ネットバンクはどこでお金をおろすの?入金するの?を読まれた方は以下の記事も読んでいます。