ネットバンクが倒産したらどうなるの?(ペイオフ)

ネットバンクは怖い!というイメージをお持ちの方には、そんなできたばっかりで支店もないような銀行がもし倒産したら預けているお金はどうなるの?という心配をされている方が多いようです。Q&Aサイトなどでもそうした質問が結構されているようです。しかし、ご安心ください。万が一のことがあってもネットバンクに預けた財産は保護されます。

ネットバンクも当然ペイオフの対象

ネットバンクも都市銀行も同じ銀行です。日本で営業をするすべての銀行は「預金保険」というもの加入しています。これは、万が一銀行が預金者に預金の払い戻しができない場合(倒産などした場合)、預金者に代わって「預金保険機構」というところが「1000万円+その利息」を保護するという仕組みです。
これをペイオフと言います。

ネットバンクについても同じ内容が適用されており、預けていたお金がネットバンクが倒産したとしても保護されるような仕組みになっています。

 

上限を超えたらどうなるの?

1000万円という上限を超えて預金していた場合は、戻ってこないかもしれません。かもしれません、というのは1000万円を超えた部分は銀行が破綻した際の返済能力に依存するためです。
ですから場合によっては1200万円預けていても全額戻ってくるというケースも考えられるわけです。
ただし、それは実際に起こってみないとわからないので、不安な方はネットバンクに預ける預金額を1000万円以下にしておくというのも予防策だと思います。

 

ペイオフの対象外(保護外)の商品もある

注意したいのはペイオフの対象外となる預金商品があることです。
・外貨預金
・外貨定期預金
・仕組み預金におけるオプションによる上乗せ金利 (参考

上記についてはペイオフの対象外となっております。最近は手数料が安いネットバンクで外貨預金投資をしている方も多いかと思いますが、この部分については保護の対象外となりますのでご注意ください。

 

とにかく、基本的にはネットバンクであろうとも大手都市銀行であろうとも、万が一の場合には預金額は一定額まで保護されます。ですから、必要以上に不安視するのではなく預ける額は1000万円以内にする、それ以上になるなら複数の銀行に資金を分けるなどしてペイオフ対策をすればいいだけだと思います。

関連記事

ネットバンクが倒産したらどうなるの?(ペイオフ)を読まれた方は以下の記事も読んでいます。