windowsXPを使っているとオンラインバンキングで不正被害にあっても補償されない?

2014年4月9日をもってWindows XPのサポート期間が終了となったことはテレビ等でも報道されているのでご存じの方も多いかと思います。この記事をかいている2014年7月現在でも当サイトにアクセスしている方のおよそ10%程度はWindowsXPをご利用になっているようです。

最近、オンラインバンキングでの不正被害が増加しています。
ユーザー側に非が無い場合は銀行側がその被害額を補償するという形をとっています。
(参考ページ:オンラインバンキングで不正から身を守る対策と万が一被害にあった時の補償制度

その一方で、ユーザーに過失があった場合は補償が減額あるいは、無補償となる場合があります。

また、2014年7月17日に「法人なら絶対に対応しておきたいオンラインバンキング不正対策」でも紹介されている通り、法人のオンラインバンキング不正被害の補償ルールが発表されました。この補償条件の一つに「サポート終了のOSやソフトウェアは使用しない」というものがあります。

平成24年度の個人のオンラインバンキングの不正被害の補償率(実際に補償が行われた割合)は90%程度です。1割の人は被害額が補償されなかったわけです。この補償率は年々減少傾向にあります。今年に入っても、不正被害の件数等は増加傾向にあるようです。

基本的に個人の場合、基本的なルールを守った上で利用していれば補償されるわけです。
もしもまだしばらくWindowsXPを使用するというのでしたら、オンラインバンキングを始めとして万が一漏れたら大変なことになるような利用は絶対に控えましょう。

関連記事

windowsXPを使っているとオンラインバンキングで不正被害にあっても補償されない?を読まれた方は以下の記事も読んでいます。