米国で流行のネット家計簿が日本でも流行し始める

アメリカではすでにインターネットを活用した家計管理サービスを利用する人が多いそうです。一方の日本でもそうした動きが広まっています。銀行や証券会社の口座情報の一元管理、クレジットカードの利用履歴から家計簿の自動作成などが可能なネット家計管理サービス。最近ではスマホ対応なども受けて好調です。

資産管理と家計管理が一つのツールでできる。

このサービスのメリットは資産管理と家計管理が一つのツールでできるという点です。
複数の銀行や証券会社に集まっている自分の金融資産を管理できます。たとえば「無料家計簿・資産管理ツールのマネーフォワード」で紹介されているMoney-Fowardの場合、銀行・証券会社・生保・年金などの資産を一元管理できます。

また、クレジットカードの利用履歴、銀行預金からの預金引き出しなどから簡単な家計簿を作ってくれるという点も魅力です。これならものぐさな方でも家計簿作成が楽にできます。

米国の現状

アメリカではすでに1000万人超のユーザーを抱えるmint.comなどが有名です。
金融情報は非常にネットと相性が良いとされています。ネットバンクやネット証券のようにネットでの金融取引は非常に盛んです。

今後、日本でもこうしたサービスが拡大してくることでしょう。私も先ほど紹介したマネーフォワード試していますが、思った以上に便利です。基本利用は無料ですので、ぜひ試してみてください。

関連記事

米国で流行のネット家計簿が日本でも流行し始めるを読まれた方は以下の記事も読んでいます。