オンラインバンキングの不正手口と防衛術

オンラインバンキングを使った不正(犯罪)が増加しています。最近増えているのはポップアップ型と呼ばれるもので、あらかじめウイルスに感染したPCがオンラインバンキングのサイトにアクセスした時点で動き、偽画面を出すというもの。他にもスパイウェアなどを使った不正もあります。今回はこうしたオンラインバンキングで利用されている不正手口とそれに対する防衛術を説明します。

手口1:偽のポップアップを表示させるウイルス

急増しているのがこれ。
取引銀行のオンラインバンキングを利用しようと公式ホームページを開くと、ポップアップが立ち上がる。そこにはIDや乱数表の番号、暗証番号、パスワードなどの情報を入力するように指示する画面がでる。指示通り入力する。

実はこのポップアップがウイルスによって表示されるように仕込まれたもの。ウイルスに感染したPCはそのままでは何も起こらないが、銀行のサイトなどを開くことで偽のポップアップを表示させて暗証番号等を盗み出そうとしているのです。銀行のホームページにアクセスすることでウイルスが動き出すという大変精巧な形になっています。
このタイプのウイルスに感染しているPCが急増しているということです。

手口2:PC画面をのぞき見するウイルス

こちらはウイルスに感染すると、外部からそのPCでどんな行動をしているのかを盗み見することができるようになってしまう。オンラインバンキングなどでの入力情報なども流出してしまうため、それによって被害が起こるケースも。

 

被害に遭わない為の防衛術

まずは、PCにウイルス対策ソフトをインストールすること。
これは絶対にやっておきましょう。パソコンが遅くなるなどの理由でオフにしていたり、そもそもインストールしてないという人もいるみたいですが、絶対にやめましょう。

また、IDやパスワードは定期的に変更する。不審なメールを開いたり、不審なサイトにはアクセスしないといったことも大切です。

ちなみに、こういった対策をしっかりしていれば、万が一不可抗力によって被害にあった場合でも銀行側が補償してくれる可能性が高くなります。逆に、こうした対策を取っていないと被害者側にも過失があるとみなされて補償額が減らされたりゼロになってしまうこともあります。

自分だけは大丈夫などとは思わずにしっかりと対策をするようにしてください。

以下の情報もおすすめ
ネットバンクと不正利用対策
セキュリティが充実したネットバンク比較

関連記事

オンラインバンキングの不正手口と防衛術を読まれた方は以下の記事も読んでいます。