2013年7月の住宅ローン金利はまちまちとなる予定

長期金利市場が方向感のない動きをしている中、7月の住宅ローン金利についての動きがまとまってきた模様です。ローン金利はネットバンク系の住宅ローン金利は下げ、都銀系の住宅ローン金利は上昇するという方向感のようです。

金利水準は先月(5月)と比較して落ち着きを見せているものの、平均金利は5月より上という見方をとった都銀と、絶対的な水準は落ちてきたと判断したネットバンク系というところでしょうか。

関連記事

2013年7月の住宅ローン金利はまちまちとなる予定を読まれた方は以下の記事も読んでいます。