教育資金贈与信託が好調、6月中旬で1000億円突破

祖父母から孫への教育資金への贈与が非課税となる措置を受けてはじまった「教育資金贈与信託」ですが、これが思いのほか好調ということです。大手信託銀行4行で残高が1000億円を突破したということ。思った以上に高齢者のニーズが大きかったみたいですね。

教育資金贈与信託の詳細については「こちら」をご覧ください。

この教育資金贈与信託については「信託」のしくみを使っているため、信託銀行系のサービスですが、好調をうけて都市銀行等でも専用預金の提供をスタートしているということです。
また、「ネット証券が教育資金贈与関連サービスへ参入」でも記事になっている通りネット証券(マネックス証券)も取り組みを強めているようです。

この記事の関連リンク
信託銀行とは?

関連記事

教育資金贈与信託が好調、6月中旬で1000億円突破を読まれた方は以下の記事も読んでいます。