長期金利が上昇。来月の銀行の預金金利等は上昇か?

長期金利が2日連続で大幅に上昇しています。このままの状況だと来月(6月)の定期預金の金利や住宅ローン金利などは結構上昇することが見込まれます。株高が進んでいる中での金利上昇というのは、金融における基本ともいえる流れです、株高が進んでいたのに金利が下がっていた今までが異常だったわけです。

このことから2013年6月の定期預金金利ならびに住宅ローン金利は上昇することを予想します。
特に住宅ローンにおいては今年の9月が新築一戸建て契約の消費税増税前の恩恵を受けられるリミットとなりますので、検討されている方も多いかと思います。

残された時間も少なくなってきており、マイホーム購入を予定している方は、金利動向などにもしっかりと目を配ってください。

一方で、住宅購入は大きなイベントでもあるので目先の金利や消費税増税などに踊らされるのではなく、しっかりとしたマネープランやライフプランを考えて購入を決断しましょう。

参考:マイホーム購入とマネープラン

関連記事

長期金利が上昇。来月の銀行の預金金利等は上昇か?を読まれた方は以下の記事も読んでいます。